Top > N・H・Kにようこそ! > 第14話「現実にようこそ!」

放送日

2006年10月09日(tvk)

あらすじ

天国に一番近いオフ会のメンバーは、城ヶ崎の提案で温泉で疲れを取ることになった。オフ会のメンバーは、それぞれの家族と対面し自分の居場所を見つけていくのだった。そんな佐藤も家に帰ると、岬からの一通の手紙が入るのだった。手紙で指示されたとおり、いつもの時間にいつもの公園へ行ってみると岬がいた。岬は佐藤に言うのだった。おかえりなさいと。
そんな時、母から一通の電話がかかってきた。

感想

佐藤も、岬という自分の居場所を見つけたのだ。本人は自覚してないかもしれないが。自分の居場所があるというのは、私にとって羨ましい限りだ。まぁたぶん、母からの電話は、父が倒れたという電話で、入院したという感じの内容だろう。でも、佐藤は来週からネトゲにはまるのだ。
ネトゲのやばさは私は身をもって知っている。あれは、やばいかなりやばい。やったら、抜け出せなくなる。そんな感じに内容になるのはもう分かっている。

公園で、お帰りなさいと言った岬ちゃんにはかなりぐっと来たのになぁ。。もう少し岬ちゃんを大事にしてやれと佐藤には言いたいが、まぁ今までの作風から無理だろう。海で佐藤に殴られそうになったときの描写などから、岬ちゃんは、家庭内暴力のPTSDかなぁと思うのだが。こっちもなかなかタイムリーな社会問題だと言える。根が深い問題だけに、佐藤に救えるのかどうかというのは疑問だが、でも佐藤にかかっていることには間違いない。

さて、最後に声優ネタ。
牧野由衣さんかなりいいなぁ。。萌えアニメ系の、ヒロインの声とかやったらかなり破壊力があると思うのだが。。。お帰りなさいにやられた俺だった。。牧野さんの魅力にはまりつつある俺。。かなりいいなぁCDかっちゃいそうだ。。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 11:57:25 HADT (4202d)