Top > Kanon > 第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」

あらすじ

祐一は、舞から魔物が狙っているのは自分だと聞かされ困惑していた。そんな時名雪から、女の子をかわいく見せるための道具としてウサギの耳の形をしたヘアーバンドを貸してもらう。ヘアーバンドを手にした祐一は、昔のことを一瞬思い出すが、またすぐに忘れてしまうのだった。学校帰り祐一は街で佐祐理と出会うと喫茶店へ入る。佐祐理は、舞や祐一のやっていることについて知らないふりをしていただけだった。そんな佐祐理に対して祐一は、なぜ舞を助けてあげるのかと尋ねると佐祐理は弟について語る。佐祐理は幼い頃、弟を亡くしていた。そんな記憶が佐祐理自信を締め付けていた。自分を客観的に見られるよう名前で呼び、笑うことも出来なくなっていた。そんな時に舞と出会った。舞と友達になることで佐祐理は笑顔を取り戻していった。佐祐理はそんなことを語ると、親友の舞の誕生日のための準備をするため家に帰るのだった。

その夜、祐一は佐祐理からの連絡が無かったため、家を出て舞を探しに学校へ向かう。すれ違いで、水瀬家に電話を入れた佐祐理だったが、祐一が誕生パーティーへ行ったと聞かされると、佐祐理も祐一と舞を探しに夜の学校へ向かうのだった。不幸にも、祐一よりも先に学校へついた佐祐理は、魔物に襲われてしまう。傷ついて倒れる佐祐理を発見したのは舞だった。そこへ到着した祐一が、すぐさま病院へと運ぶ。命に別状はない佐祐理だったが入院をすることになる。舞と祐一は、佐祐理の敵を討つため魔物を倒すべく学校へ向かうのだった。

感想

あゆ、謎ジャムの被害に。

ついに、あゆが謎ジャムの被害に。予想した通りだ。
といっても、あゆが水瀬家に出入りしていることから、この辺のことは予想が出来たのだが。
今回は、舞のエピソードと、あゆの謎ジャムをエピソードを上手く絡めた形になった。

うさみみ

名雪が演劇部から借りてきたという「うさみみ」オープニングの舞と、どう関連するんだろう?
祐一と、舞を結ぶ過去のエピソードはどうなっているのだろう?
舞も、子供の頃祐一と一緒にいたと、忘れているのだろうか?

魔物と祐一と舞

うさみみとキーワードになっているのが、「魔物」の存在。
どうして、魔物は祐一を狙っているのだろうか?
舞との過去に何かあると思うのだが。舞が魔物退治を始めたことと
何か深い関わりがあるのだろうか?

佐祐理の過去

佐祐理は、自責の念で一杯だったのだろうなと思う。
弟に対して、もっと優しくしてやれば良かった。もっと遊んでやれば良かった。子供だけに、気持ちの整理が上手くつかずに、笑えなくなってしまった。手首に傷があるのもそのせいなのかもしれない。
そんな、一時は死のうとまで思った佐祐理に、舞という親友が現れて、それから、笑えるようになった。だから、佐祐理は舞を大切にしている。
舞や祐一が魔物退治していたことを黙っていたのも、舞に対する思いからなのかもしれない。

この佐祐理のエピソード、かなり良いエピソードだと思うのだが、語られる時間が短いという印象がある。もうすこし、佐祐理について深く掘り下げてやってくれればいいなぁと思うのだが、たぶん時間の関係上なんだろうなぁ。。よく考えてみれば、もう14話。
全部で24話なのか26話なのか分からないが、のこり12話ぐらいしかない。舞のエピソードは、第15話までは確実にやるだろうから、残り11話。それぐらいの量で、栞と名雪とあゆのエピソードかぁ。そう考えるとかなりギリギリ感がある。
たぶん、原作ではもっと佐祐理のエピソードを深く掘り下げてやっているのだと思うのだけれど、時間の関係上だ。これは仕方がないなぁとも思う。

少し、この佐祐理のエピソードに欲求不満気味。原作がやりたくなってきた。

舞と祐一

舞も、自分のせいで佐祐理が怪我をしたと思っているだろう。舞は不器用だから佐祐理にいらぬ心配をかけさせまいと、黙っていたこと。
それが、裏目に出てしまった。親友が怪我したことで、暴れる舞。そんな舞の弱さも垣間見えたような気がした。
それにしても、佐祐理が無事で良かった。

この魔物退治と、祐一の記憶、うさみみがどう繋がるのか、次回が楽しみで仕方がない。

佐祐理の入院

あくまでも、予想のうえの仮説なのだが、
私は、

「あゆが交通事故にあって入院している」

と考えている。
交通事故というのは、第1話の曲がったガードレールと名雪の病院の話。
それから、あゆが見ている夢について。などなどから予想しているものだ。
いま水瀬家にいるあゆは、幽霊みたいな存在。入院しているであろう本物のあゆにとっては、夢というかたちで見ている現実。
入院しているから名雪よりも背が低いし、きっと成長も止っているんだろう。。
そして、あゆが探しているのは、祐一で、あゆの入院している病院へつれて行くこと。

そんなことを予想しているのだが、この予想の上に、さらに予想して。
今回佐祐理が入院した病院に、あゆも入院しているのではないだろうか?
これで、うまくシナリオを繋げるのかなぁと思っているのだが。。。

あゆと祐一が、佐祐理をお見舞いに行くとか。あーでもなぁ。
佐祐理とあゆは面識がないから。。。。などなどいろいろと考えているわけで。。

そもそも、これは予想の上の予想なので、そもそも、あゆが入院しているが崩れるとぜんぶ崩れるわけだが。。。(^^;;

Kanon

同じ旋律を何度も繰り返しながら、少しずつ豊かに美しく和音が響き合うようになっていく。

佐祐理のこの台詞は、この作品のテーマなのだろうか。
何気ない日常や、悲しいことがある日常をを描きながら、少しずつ、幸せになっていく5人のヒロイン達を描きたかったのだろうか?

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 10:57:22 HAST (4014d)