Top > DEATH NOTE > 第31話「移譲」

放送日

2007年05月15日(NTV)

感想

相沢

相沢が疑いはじめた。
でも総一郎の事でニアに電話することを躊躇する。
月は相沢も殺すのか?

うまいな。お金で押し寄せる群衆を金で操る。
その間に逃走を図る。
なかなか斬新といえば斬新なアイディア。
多分私じゃ思いつかないなぁ。。

月の形勢不利

キラの所在を示す手がかり。ニアは、月の周辺から切り崩そうとしている。それに対してエルは月を直接疑った。
結果エルは死亡することになり、ニアはその教訓を生かしているのだと思われる。

完全にばれた

デスノートの偽の仕様である13日の仕様はメロによって嘘だと分かっている。そして、今回の相沢の電話で月を50日以上監禁したこと、エルもまた月がキラではないかと、疑っていたことがばれたわけだ。

が、ニア側から見ればミサの存在がまだ分からないのか。
このへん伏線になりそうだな。

ミサ

みさかわえー。っていうか、絶対月に利用されているよ。。。
カワイソス。ね。こなた。

信奉者

ナミカワっぽいヤツが出てきた。
ミカミというのか。
それにしても、月がキラではないかと疑いをかけられるたびに、例外的事態が発生するという点においても、かなり怪しいわけだが。
まぁその辺は良いかな。。

全体的に

また新しい展開を見せた第31話。
全体的に、エピソードが詰まってきているんだろうなぁというのがひしひしと伝わってくる。4クールでも良かったように思えるけど、とれなかったのかなぁとか、4クールだと中途半端に長いのかなぁとか、いろいろ考えてしまうわけで。エピソード的に長い短いは、原作を読んでみれば分かると思うので、是非とも読んでみるつもりだ。
全開と今回で、原作の要所はだいぶ押さえているのだと思うのだけれど、細かい点が描写が足りないのか、どうも気になるわけで。
しかも、ある程度のストーリー展開を予測したいのだけれど、ヒントも何も無いので、どうにも予測できない。

タブンだけれど、最終的に月にとってはバッドエンドを迎えるんだろうなぁとは思う。そして、ミサは死神の目の取引からかなり若くして死にそうだし、メロとニアはお互いを理解し合う。といったような感じなのかな。
そして、今回出てきたミカミ。今までの流れからすると、月にとって邪魔になってきたあたりで、月に殺されるか。。それとも、キラに対して絶対的な信奉者という設定で登場してきているので、月がキラらしからぬ行動を取り、ミカミに殺されるという可能性もある。

あと、次回予告からまた新しいキャラが登場するようだしどうなるのかなぁ。かなり先が気になる展開だ。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 10:57:15 HAST (4034d)