Top > DEATH NOTE > 第25話「沈黙」

放送日

2007年04月03日(NTV)

あらすじ

感想

この話だけ演出方針がいつもと違う

感想を書く前に、この話は2回見ているのだが初見の時の最初のシーンで、エルが本当に死んでしまうと思ってしまった。
それだけ、今までにはない異色の演出方針だったと思う。

人間はそんなに完璧にはできあがっていない

と、本作のテーマのような台詞が月の口から出てきた。が、これはある意味物語の核心に迫っていると思う。

完璧ではない人間の手によって作られる、犯罪者のいない世界。
これは、月の作ろうとしている理想の世界だが、
完璧ではないから人は犯罪を犯す。

これも真理だと思う。

この雨の中、エルと月のやりとりのシーンは、月の理想と、人間の現実は背反していることをエルが月に言わせたシーンであると思う。

エルの死によって月とエルの心理戦は、月が勝利しているように見えるが、最後にエルは、月の理想に矛盾を突きつける事を言った。

「生まれてから一度でも本当のことを言ったことがあるんですか?」

この矛盾は、全てこのエルの台詞に集約されている。
月は、自分の口から犯罪者がいない世界など作ることは出来ないと間接的にはあるが言っていることになると思うのだ。
そう考えると、果たして月はエルに勝利したことになるかというと、そうではない印象を受ける。

エルは、もうこの時から自分に死神が迫ってきていることを予期していたのだと思われる。そして、月もこんな簡単なことも分からないぐらい感覚をなくしている。

第25話の中で、このシーンはストーリーのテーマに関わってくるようなかなりキーポイントになるシーンだったのではないかと思うのだ。

全体的に

前回の次回予告から、本当にエルが死ぬとは思っていなかった。
だから、この話を最初に見たときはかなり驚いた。
そして、ストーリーを咀嚼するのに2度みたのだが。
初見の時は、次の展開がかなり気になった。これからどうなるのか、エルに変わる新たな登場人物がでるのかとか、短期的な展開予測をしていたわけなのだが、2回目の時は前述している雨の中、月とエルが話をするシーンがかなり気になった。

この雨のシーンから察するに、最終的に月は、新しい登場人物に負けるのではないかと思われる。どんな風に負けるとはまだ分からないのだけれど、たぶんこの月の理想は打ち砕かれるのではないかなと思う。
そして、新しい登場人物はエルとはまた違った立場で出る。

さらにデスノートは全部で3冊。全て月の手の中にある。
このへんも、これからの展開を予測する上で重要な要素かなとも思う。

やっぱりデスノート面白いなぁ。次週からまた新しい展開が、かなり気になる。

平野綾

今回の、ミサが歌うシーンにでていた平野綾さん。
やっぱり歌がかなりうまいな。

ハルヒの時の God Knows や、冒険でしょでしょ、らき☆すたのエンディング、そして、今回のミサが歌っていた歌。

今挙げた全ての曲は、歌い方を変えていて全て違った印象に聞こえるから、やっぱりすごいと思う。

冒険でしょでしょの時は、結構普通かなぁと思っていたのだが、God Knowsでかなりのクオリティーで歌っていたし、らき☆すたのエンディングは、ネタ感がありありだし。
今回のような、高い声で綺麗な旋律で歌えるというのも分かったし。
歌い方に幅が出ていると、CD欲しいなぁと思ってしまう。

平野綾さんのブログ
RSS/平野綾?

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:57:11 JST (3671d)