Top > DEATH NOTE > 第24話「復活」

放送日

2007年03月26日(NTV)

あらすじ

感想

月の手に戻ったデスノート

月は最初から全て計算ずくで、所有権を放棄していた。
前回楽しみにしていた結果だったが。
月はデスノートの所有権を上手く移して、時間は掛かるが、ほぼ確実な方法でもう一度自分に返ってくるようにした。

全ては仕組まれたことだった。

デスノートの所有権を移すと言うことは、人間にとって見れば記憶を移すこということだ。この論理が上手く組み立てられていたと思うのだ。

私が予想を立てる上でミスを犯したのはヨツバのキラを捜す時点で、月の記憶は戻っていたと思っていたことだ。
どうにかして、たとえば、リュークを上手く使うとかして記憶を戻していると思っていたのだが、よく考えるとエルの監視下にあってはそれも出来ない。全ては月の芝居だと思っていたのだが、そちらの結論に持って行くよりも、今回のように、所有権の受け渡しを上手く使って記憶を戻した方が、シナリオ的に論理的になり面白かった。

死神界のりんご

リュークが言うには人間界の「りんご」は、じゅ~すぃ~らしい。
俺的には、「りんご」に、ずっきゅ~んなのだが。。。(笑)

ミサの寿命

リュークとの目の取引で、ミサの寿命が元の1/4になってしまった。

おいおい。
ミサ死ぬんじゃないか? 死亡フラグが立ったんじゃないか。。。

もし仮にミサが100歳までの寿命だったとしたら、25歳までしか生きられないってことだ。人間の平均寿命といわれる80歳までだったら20歳まで。。。今のミサの年齢って20歳ぐらいだったような。

つまり、ミサの元々の寿命は、今の年齢を4倍した数より大きくならなきゃいけないわけで。。そして、人間どんだけがんばって生きても120歳までは生きられないから。。。

(ミサの今の年齢) x 4 < (ミサの元の寿命)
(ミサの今の年齢) < (ミサの元の寿命) < 120歳

もし、あのシーンでリュークと取引していれば、っていうか、たぶんしてるよなぁ。。。ってことはミサの寿命はあと1クール保たない気がしてきた。
デスノートで言うところの、「寿命」は、病死や老衰もありだけれど、殺人犯に殺されるという死に方でも寿命と定義しているから、これは、これからあるであろう結構重要なシーンでミサが死にそうな気がしてきた。

しかも、殺されそうな気がしてきた。。そしてさらに、奇跡的に1クール保ったとしたら、リュークが助けたから。。
そうすると、今度はリュークが消えてしまう。

この死神の目の取引の顛末はどうなるか分からないが、後々関わってきそうな印象を受けた。

全体的に

今回もかなり面白かった。ヨツバのキラ編が終わりを告げ月とミサに今までの記憶が戻った。問題は次回予告。。。エルが死ぬのか??といったかんじだろうか。

そして、寿命を1/4にしてまで、つまり命を削ってまで月に尽くそうとするミサ。この顛末がどう描かれるのかかなり楽しみだ。

雑記

まだ1月期の感想が残っている。
武装錬金の最終回と、神様家族の最終回だ。
デスノートは、3クール作品なので4月期もまだまだ感そう書きたいと思う。
残っている感想をはやめにかかないとなぁ。。。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:57:08 JST (3671d)