Top > DEATH NOTE > 第18話「仲間」

放送日

2007年02月12日(NTV)

あらすじ

感想

デスノートは人を渡っていく

「キラ」を捕まえるためには、結局は死神を捕まえるということと同じになる。しかし、死神は見えないために捕まえることはできない。
エルもまた、それに気がつきやる気を失っていた。

経済テロ

今度のデスノートの持ち主は、金に興味を持っているということだろうか。月がキラの時は、権力だったように思えるが、今度は金っぽい。
誰かを殺して、株価を操作する。いわゆる経済テロを起こそうと言うのだろう。これは、確実にエスカレートしていくのだろうと思われるが、さて、この後のストーリー展開はどうなるのだろうと、かなり見物だ。

私が気になっているのは、次のデスノートの持ち主。つまり現在のキラが、レムと「死神の目」の取引をしたのかどうかだ。これによって、月達の今後の展開なども変わってくるのだと思うが。。続きが気になるな。。。

相沢

今回、相沢だけが警察に残るかどうかという点で葛藤が描かれていたが、私としては、ある意味複線なのかなと考えている。
どのように展開される複線なのかは分からないが。。
ただ、物語の後半で使えそうな印象は受ける。しかし、ただ単に相沢というキャラのの使い道がなくなったからというのも考えられるので、一概に何ともいえないところではある。

声優さんも、私の中では「ひろし」だ。というのも、クレヨンしんちゃんのパパの声を当てている、藤原啓治さんがあてているためだ。

全体的に

前回までが、デスノート前半が終わったといった感じだろうか。
今回からは月とエルが協力して、「キラ」を追うことになる。
ストーリー的に、「キラ」という存在が変わっていくのがこの作品の素晴らしいところだと思う。
今までは、キラ=月だったのだけれど、これからは、キラ=まだ分からない第3者。
持ち主を変えたデスノートは、また違った欲望を叶えることになった。
やっと、ここに来てこの作品のテーマが見えてきたような気がする。
物語の前半では、主に月とエルの駆け引きや心理戦に目がいっていた。たぶんこれから展開されるであろう、ストーリーの中にも駆け引きが出てくるのだと思われるが、少しずつテーマが見えてくるような方向性になると思われる。
私もまだ、ここまで見てきているが、はっきりと「これ」といえるテーマが見えてない。

そして、さらにストーリー的に上手いと感じるのは、物語の前半は、デスノートの持ち主が月と決まっていた。だから、視聴者は、犯人捜しをしなくてもよい。月とエルの駆け引きを楽しめばよかったのだ。
しかし後半は、どうやらキラがだれか分からない。という状況だ。
そのキラの存在を隠したことで、視聴者の想像力がいやでも働く、キラは誰なんだろうと推理したくなってくる。そして、これからのシナリオがどうなっているかは分からないが、ヨツバの8人の中で確執が起こる可能性も考えられるし、さらに月達との心理戦もあるかと思うと、かなりおもしろいだろうなとおもうのだ。

この物語、回を追えば追うほど視聴者の興味を引きつつ、視聴者に考えさせるというシナリオ構成になってきている。
そのあたりが上手いなぁと感じるのだ。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 11:57:07 HADT (4328d)