Top > DEATH NOTE > 第10話「疑惑」

放送日

2006年11月28日(NTV)

あらすじ

負けず嫌いのキラならば、勝ちに来るだろうと考えたエルは大学で月へテニス勝負を挑む。月のテニスプレーからプロファイリングしたエルだったが、本当の狙いは月を捜査本部へ連れて行くことだった。テニスが終わり月は流河に頼みたいことがあると喫茶店へと誘う。しかしエルは何でも答えるが、月をキラではないかと疑っていることを告げる。喫茶店で、エルはキラに殺された受刑者の死ぬ前に書かせたと思われる3枚の写真と、偽の写真1枚を月に見せ反応を見る。しかし自分の反応を見ていることに気がついた月だったが、そんな時二人に電話が入る。総一郎が過労のため心臓発作で倒れてしまったのだ。すぐさま、病院へ駆けつけた二人だったが総一郎は無事だった。そこで総一郎は月の目の前で、流河が本当にキラ捜査に当たっているエルだと証言したのだった。

感想

予想外。
突発的なイベントという形で、二人と総一郎を会わせた。
そして、月に流河がエルであることを証言させた。

総一郎というキャラを二人がお互いを戦っている相手だと認識させるために使ったということになる。
もう少し、以前の感想で書いたように直接的なキャラの使い方をするのかと思っていたのだ。

ここに来て、お互いの正体が分かりかけてきた。
エルは、まだ月のことを疑いという段階でしか見ていないが、月は確実にエルと認識したことになる。

次回からは、どうなるのだろう。。。。。

月は、エルの名前を探ることになるだろうと思うし、エルは、月がキラであることの確信を深めるようになるだろうと言うことは分かる。
要はお互いの腹の探り合いが続くのだろう。
そういえば、来週から平野綾が登場するという事らしいから、平野綾の役所がこのへんを上手くかき混ぜる感じになるのだろうか。
全く予想がつかなくなってきた。

この作品、かなり面白い。原作を読むのが楽しみになってきた。
月とエル二人がテニスをするシーンや、以前の話で月が華麗にポテチを食べるシーンなどは、少年マンガであることを彷彿とさせるが、全体的にストーリーはかなり良くできていると思う。
どのようなオチになるのかが、さっぱり読めない。

ラストで、一番気に掛かっている点は、

  • 月がエルの本当の名前を知ってデスノートにエルの名前を書く。
  • エルが月からデスノートを奪い、月を容疑者として逮捕する。

この2点は、予想できる一番簡単なオチだ。これは分かりやすい。
月が勝利するかエルが勝利するかだ。あるいは、この二つの線で引き分けという線も考えられる。いわゆる差し違え。月は逮捕させるが、エルもデスノートに名前を書かれて死んでしまう。という展開だ。
しかし、今までの展開から予想するに、この分かりやすい形には帰結する可能性はかなり薄いと思われる。

とすれば、どうなるのだろう。。。
ここで気に掛かっているのは、リュークの存在だ。
彼は死神であるから、人間を殺すことが出来る。しかし死神界では人間を殺すことはあまり流行ってないらしい。

そして、リュークはデスノートを2冊持ってきたと言っている。

この情報は、今後を予想する上でかなり重要になってくるのかと思われる。
そのもう一つのデスノートは、だれか第3者的なキャラに渡るのか、それともリューク自身が使うのかだ。これを考えてみると

  • リュークが、月かエル、あるいは両者の名前を、もう一つのデスノートに記す。
  • 第3者が月かエル、あるいは両者の名前を、もう一つのデスノートに記す。

この辺が、今私が予想できる最大の限界だ。
これに、平野綾が演ずる役と総一郎、そして捜査官が絡んでくるだろうから、さっぱり予想がつかなくなる。

うーん。簡単に予想できるとやはりつまらないから、毎回どうなるのかが目を見張るものがある。
そして、来週の平野綾登場に期待だ。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

アニメ 声優 深夜アニメ コスプレ フィギュア DVD CG 萌え 美少女 トレカ


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 11:57:05 HADT (4328d)