Top > 武装錬金 > 第10話「君と俺は相性がいい」

放送日

2006年12月06日(テレビ東京)

あらすじ

カズキは秋水と真剣勝負をした。しかしカズキの武装錬金の特徴である生体エネルギーは秋水の刀によって全て吸い取られてしまう。よって、お互い武装錬金の力抜きのランスと刀の勝負となった。一方、斗貴子は桜花と戦っていた。桜花の武装錬金である弓矢の遠距離攻撃のせいで斗貴子は苦戦していた。しかし自分の武装錬金によって急所を守り桜花に突っ込んだが、桜花に逃げられてしまう。その頃、秋水はかなりの致命傷を与えたカズキにとどめを刺そうとしていた。秋水の逆胴がカズキの心臓に決まる瞬間、カズキは武装解除し核鉄の力で逆胴を防ぎ秋水に致命傷を負わせたのだった。それを見た桜花は自分の武装錬金を使い秋水の傷を自分に写す。カズキと斗貴子は早坂姉弟がホムンクルスではなく、LXEの信奉者であることを秋水の口から聞くのだった。

感想

今回は早坂姉弟との戦いだったが、早坂弟の刀についている
アースみたいなヤツのおかげで、パワー勝負でない辺りが良いかなと思う。
毎回パワー勝負だと結局DBみたいにインフレを起こすから。。
結局、肉を切らせて骨を断つ戦法で勝った。

早坂姉弟がホムンクルスでないことは、何となく分かっていた。
ホムンクルスだと、腐った魚のような目の演出が今までは合ったが
早坂姉弟に限りなかったあたりから、そう判断したのだが。

なんか、この二人次週辺りで仲間になりそうな感じがするなぁ。
仲間というか、カズキ達と分かり合うといった方が良いのかな。
んで、裏切り者として、LXEから制裁を受けるを。
「裏切り者には死を」とかいう展開になるんじゃなかろうか?
ちがうかな。。

よくよく考えてみると、カズキもホムンクルスじゃないけど
核鉄の力によって別の何かやたら熱い生物になってしまったと思うんだけど。。。。カズキの心臓にある核鉄が存在し続ける限りカズキも永遠の命を手にした感じなのかな。。。
って、以前そんな台詞を蝶野が言っていた気もする。。

ということで、今回は、なんだか危なっかしい展開。
姉弟愛。。。おおう。。。お姉ちゃんキタコレ。
有る意味少年誌すれすれのエロ展開。

んで、最後に平野綾
今週もちょっとだけだけど、まひろが登場。
この方、入院するだけあって、かなり忙しいんだろうなと
思ってしまう。
武装錬金デスノート、すもも。。
来期も、知ってるだけでも、ひまわり2期、学びストレート
週何本出ているんだってかんじだ。。
最近みているとすこしずつ演技力がついてきたなぁと
思うだけに、他人の事ながら体だけは大切にして欲しいなぁと思う。

追記

写真は、武装錬金に関係なくて、ラキスタの声優が
決まったらしい。平野綾がまたまた出るみたいだ。
かなり期待。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 10:58:52 HAST (4033d)