放送日

2007年04月09日(tvk)

サブタイトル

第1話「ソライロノカサ」

感想

能登かわいいよ能登

ということで、能登麻美子さんことヒロイン役らしいが。

ストパニ

声優がストロベリーパニック
中原麻衣さんと、清水愛さんのお二人のコンビ。
中原さんの方は、長門のような無口キャラ。
清水愛さんの方は、小さい女の子やくだった。

ちなみに、矢作紗友里さんも、出ていた。

全体的に

絵はとても細かいところまで描いてあって、綺麗だった。
空の描写も、タイトルを名乗っている分、やっぱり綺麗だった。

シナリオは。。。第1話では残念ながら分からなかった。
と、いうのも第1話の描写は、出来るだけ空の描写に徹し残りは、登場人物の紹介と、ヒロインがヒロシに襲われその場所に、偶然主人公が居合わせるというものだった。たぶん、ヒロシがガード下で拾った人形と何か関わりがあると思うのだけれど。。。
それ以上のことは、第2話以降へという感じ。

ただ、主人公が言っている「全く同じ空は二度と無い」という、この作品のテーマを表すかのような言葉がとても印象的で、それには、とても共感した部分だった。

作風が、ギャルゲを思い起こさせる。絵もしかりなんだけど、なんていうんだろう、シナリオの展開の仕方がゲームっぽい印象を受けた。
まぁ原作が有るのだと思うのだけれど、私はやったことがない。
コミックなのかなぁ? そんなレベルだ。(^^;
相変わらず原作には疎い。

シナリオの見せ方にゲームっぽい印象を受けたため、ちょっと警戒している。本当は原作がゲームじゃないのかもしれないけど(^^;
というのも、昨今のゲームをアニメ化した作品にあまり良いと思った作品が無いためだ。原作のゲームがこの傾向が強いのか分からないのだが、だいたいは、テーマが最後まで描ききれず、消化不良のまま終る作品が多い。そんな中、良かった面白かった思った作品は、京アニのKanonぐらいだろうか。。

後は、、声優が豪華だと思う。ヒロインに能登麻美子さん。
この能登さんが、ヒロインのはかなげな印象を出していくかと思うと、かなりいいかんじだ。
サブキャラ達も、中原麻衣さんや清水愛さんがいて、ちょいやく?にも矢作紗友里さんがいて。声オタの私としては、かなり良い感じ。

実際問題として、視聴していくかどうかはシナリオが分からない分、判断材料に欠けるため、第3話まで見てみないと分からない。
シナリオの展開次第では、面白くなるような感じがする作品だとは思う。
棚上げ作品が、また増えた感じだ。
感想を書いていくぐらい面白い作品かというのも、第1話では、分からなかったため私としては、かなり困っている状況だ。
あとで、あわてて感想を書く羽目になるのかもしれない。(笑)

雑記

うちのレコーダが、容量がないと言っているため、今日はもう少し、感想書きます。。

と、おもったのですが。。。だめでした。。。用事が入ってしまった。。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:58:31 JST (3497d)