Top > 新作アニメ感想 > 2007年04月期 > 天元突破グレンラガン

放送日

2007年04月01日(テレビ東京)

サブタイトル

第1話「お前のドリルで天をつけ」

感想

しょこタン歌うめぇ

しょこタンこと中川翔子の歌を初めて聴いたのだが、私が思っていたよりも歌が上手かった。ちょっとびっくりした。

サブタイ

すげぇ。あついサブタイ。
これ、「マリア様がみてる」の瞳子ちゃんのことをいってるよね。
ってか、また釘宮か。俺。釘宮の声が大好きだな。

矢作紗友里

こんなところに、グレ子こと矢作紗友里さんだ。
女の子のちょい役に出てた。

「気をつけないと穴掘られるかもよ」だって
かわいい声してなんてこと言ってるんだ、グレ子よ。エロスwww

全体的に

世界設定が面白かった。
地底人という世界設定で、彼らの中では、穴を掘って生活するのが当たり前の世界。時折おきる地震と落盤におびえながら過ごす毎日の中で、ある日、自分たち以外の世界を見つける。
それは、地上。日の光が差しこむ地上だ。地底人に取っては、そこはユートピアだったと思う。

地上という今までないものと思われていた世界が見つかることによって、地底人の中でのパラダイムシフトが起きるといった内容だといいなぁと思うのだが。
ロボットものっぽいよなぁ。。。

私自身、ロボットものはかなり苦手なのだ。。

見る前の印象は、ロボットもので戦闘もの。戦うことだけで物語が進んでいき、結局主人公が最強なんだよなぁという先入観で見ていたのだが、
第1話としては、なかなか面白い設定と内容で、展開も見ていて遅いところもなく気持ちがよいものだった。
なので、先入観とは裏腹にかなりの好印象。

朝の番組なのに、エロもあるし。

ガイナックス作品で、原作もおなじガイナックスが作っているところを見ると、少年漫画にあるような、誰が最強かきめようぜ的なシナリオの方向性にはならないという期待もある。
この最強バトルな展開ではつまらないので、是非、今回見つけたロボットを通しての地底から地上というパラダイムシフトをテーマに物語が進んでいったら、かなり面白いと思うが。。でもそれだと、この時間帯の物語じゃないような気もするので、戦闘シーンは毎回あるんだろうなぁとも思う。

今のところ、ただの戦闘アニメになる可能性は半々ぐらいだと思っている

見る前の先入観は今のところすこしづつではあるが薄れてきているので、感想は書かないが、描きたいテーマの方向性が出てくるであろう第3話まで様子を見ようかなと思った作品でもある。

結局は、テーマと物語の方向性にかかっているといった感じだろうか。

声優ネタ

ヒロインのヨーコの声優さん、井上麻里奈さんは、まなびストレートのむっちーの声優さんでもある。
男の子の役もできるし、今回のようなヒロインの役も出来るとなると、なかなか役の幅が広いなぁと思ってしまう。役の幅が広い声優さんというのは、私的にかなり好きなので、この声優さんにはかなり好感がもてるなぁと思うのだ。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:58:36 JST (3617d)