Top > 乙女はお姉さまに恋してる > 第11話「戸惑いの練習曲」

放送日

2006年12月16日(tvk)

あらすじ

冬のある日、瑞穂は貴子からエルダーとして校内ダンスパーティーに男役で出てくれないかと頼まれ、その役目を引き受ける。そんな時、まりやは体調を崩してしまい風邪をひいてしまった。相変わらず瑞穂のことを意識し素直な態度がとれないでいるまりやだった。瑞穂は、熱が上がり寝込むまりやの部屋へと訪れると、まりやの態度の変化の理由を聞くが答えてはもらえなかった。すると突然まりやが、1日デートしてくれと言い出す。まりやとのデートの日、楽しく過ごした二人は公園でお互いを理解し合う。しかしまりやは自分の気持ちを瑞穂へ告げられないままでいた。一方、貴子もまた瑞穂への気持ちに気がついていた。そして同性を好きになってしまったことに悩んでいた。生徒会の仕事が終わり、帰路につく途中、貴子は何者かによって誘拐されそうになってしまう。そんなところへ、デート帰りの瑞穂とまりやが通りかかり貴子を助けようとする。ナイフを持った誘拐犯ともみ合いになる瑞穂だったが、誘拐犯を追い払う変わりに瑞穂の服も切られてしまった。それを見た貴子は、瑞穂が実は男であることを知るのだった。

感想

貴子にバレた。
どうやら、貴子エンドになりそうである。

またまた第12話までみているボクだが。。最終回のストーリーはあまり言わないでおこう。
そうそう。ボクで思い出したが。

堀江由衣さんがボクと言うと、どうしても月宮あゆが出てきてしまう。
小さい頃の瑞穂ちゃんが うぐぅ~とかいったら面白いのになぁ。と思うのは俺だけだろうか。

そして、今回はまりやの体を拭いてあげるシーン。
これは見たとき妙に納得してしまった。
「こーゆーエロもありだ。」ふむ。しかし。。まりやとエロかぁ。。
とちょっと不満が残る。どうせなら奏ちゃんと。。。俺が萌えているのは奏ちゃんだ。

なにこの、構成を考えてない毎度の行き当たりばったり感。
私の日記毎回色々書いちゃうんだよな。。感想といっても、行き当たりばったりに思いついたことを並べてる感が否めない。そんな、たいしたことでもないのだ。

こんな感想ならいくらでもかけるのだが、毎度困っているのはあらすじをまとめる事だ。
これが、なんと言ってもかなり大変。頭の中で、書くことをある程度まとめてから書かないといけないし。不必要な部分は削らないといけないしで、ほんとに大変。

話をおとボクに戻して。
瑞穂ちゃんが男であることが、メインキャラにバレると私の日記の第7話の感想で、予想していた。興味がある方は第7話の感想へ。
なので、貴子にバレるのは想定内。
しかし、一応12話まで見ているが、11話を見た時点では
学園全員にバレるのか、それとも、奏や由佳里の他のメインキャラにばれるのかが分からない状態だった。

そして、奏と由佳里で思い出したが、完全サブキャラ化している。
紫苑様までがサブキャラ扱い。
うーむ。。。話は完全に貴子かぁ。。まぁツンデレだしね。
ブームに乗っていると言えば、そうかもしれない。
紫苑様がもう少し活躍するエピソードがあってもよかったなぁと前回の感想でも書いた覚えがある。まぁこれはしかたがないか。。

この時点では、どのように終わるのかが、だいぶ気になっていた。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 10:58:22 HAST (4033d)