Top > らき☆すた > 第06話「夏の定番」

放送日

2007年05月14日(tvk)

感想

夏だ海だ!

イニシャルDネタ

すげー軽だし。臨場感あるように描いてるし。
カーブをギリギリのラインを攻めるし。
ナンバーモザイクはいってるし

&ref(): File not found: "03.jpg" at page "らき☆すた/第06話「夏の定番」";

スク水

そーゆーにーずは確かにある。

&ref(): File not found: "02.jpg" at page "らき☆すた/第06話「夏の定番」";

マンガの目

のび太くんの目。

よっこいしょういち

つかさ、いくつだよ?

ふんどし一丁で走る

このネタが分からなかった。

ティモテ

やべぇ知っている俺はおっさ (ry
1985年頃に、こなたがやってるようなCMがあったわけ。
というか、こなたいくつだよ。

&ref(): File not found: "04.jpg" at page "らき☆すた/第06話「夏の定番」";

フラグ

石けんで滑るとかってベタでいいねぇ。
藍蘭島でこのネタこないかなぁ。

毛の処理

スネ、ワキ、ヒゲ、ウデ。女の子は大変です。
テープ、薬、エステで、とにかくいろいろ大変です。

全て自然のままの方も中にはいらっしゃいますが。

あれ

それもかわいそうだ。せっかく海に来たのに。
腹いてぇだろうし、不機嫌になるし。
まぁでもタイミングの問題なのでしゃぁない。

怪談

夏の定番っすね。

大声でふたりはぷりきゅあ

いやぁそれはかなり怖いぞ。

つかさです。

ヒロシねた。そう言えば最近テレビでヒロシ見ないなぁ。

&ref(): File not found: "01.jpg" at page "らき☆すた/第06話「夏の定番」";

大人の階段

大人の階段を上っていくわけだ。違う番組でキョンが同じようなこと言ってた。

実際聞いてみた

トリビアネタ。

まいっちんぐ

といえば、マチコ先生
「いけない!ルナ先生」もあれば、「てんで性悪キューピッド」
「電影少女」このへんは、思春期の男の子ならば是非とも読んでおきたい本だ。

MCで空気読まない突っ込み

某コンサートにて、(分かると思うけど)
「ゆかり映画が見たいんだけど、なにか良い映画ない?」
「ぷりきゅあ~」
と会場内に響き渡るくらい大きい声で言った人がいた。(笑)
人気商売って大変だなぁ。

その時特派員がみたものは!

投稿特報王国ネタ

バレンタインキッス

うわ。きちゃったよ。おニャンこネタ。

さゆり

国生さゆり。会員番号は8番らしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%B3%E5%AD%90%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

おニャンこは、私の世代とはちょっとずれてる。
といっても、夕焼けニャンニャンみたことあるけど。
アイドルとかには、あんまし興味がなくファミコンに興味があった私です

こなたスゲー

たぶんおニャンこコンサートのかけ声をそのままやっていると見た。
それはすげーよ。こなた。

全体的に

今回は、妄想してみようかと思う。
というのも、京アニが作っているAIRをみたことと、ONさんのコメントより、らき☆すたが2クールというのを知ったことで、いろいろと私なりに妄想してみた。

いちおう京アニ作品ということで、一通りは見たと思う。
フルメタとMUNTOは見ていないので、ちゃんとした事は言えないのかもしれないし、これから書くことは既出の可能性は大いに高いのだが。。

まずAIRは原作がPCゲームだった。その原作をかなりのクオリティーでアニメ化してあると思うのだが、1クールで、プレイ時間何10時間の物語を、全て語り尽くすのはやっぱりかなり難しいと思う。結果、ストーリーを詰め込み過ぎている印象は否めないし、かなりの駆け足でエピソードを語っている。

そして、次に作ったハルヒ、これはAIRでストーリーの詰め込み過ぎや原作の再現度といった部分でのかなりの反省がハルヒに生かされていると思うのだ。AIRの後に2作品作っているが、そっちは見ていないので比べられない。。。
たとえば、最初「涼宮ハルヒの憂鬱」のエピソードは5話構成だったらしいのだが、そこから6話構成に変更したという話もあるくらいだ。
たぶんなのだがこのハルヒで、これまでの1クールアニメでの反省点を全て生かして、やるだけやったといったような状態だったのかなぁと思う。
それは、AIRとハルヒを比べてみると、一目瞭然だ。

その後2クールアニメのKanonを作ることになると思うのだが、ここで京アニは2クール作品初ということになる。何を言いたいかというと、1クールと2クールでは、ストーリー構成が全く違うため、かなりの冒険だったのではないかなぁと思うのだ。
私の感想だが、Kanonは全体的に行って最初の間延びした展開と最終回にかなりエピソードを詰め込んだせいもあって、作品自体は面白かったのだけれど全体的に言ってハルヒのように綺麗には終らなかったと思う。
このへんが反省点だったのかなぁと私は勝手に妄想しているし、ある意味2クールアニメの実験的なアニメだったのではないかなぁと思うのだ。

んで、今放送しているらき☆すたは最初私は原作が4コマだったので、1クールやるネタで精一杯なんじゃないかなと勝手に思いこんでいた。
このへん私が反省すべき点だと思うのだが、実際は2クールだった。
と、いうことは、らき☆すたもかなり実験アニメだなぁという印象をうける。
その延長線上にある CLANNAD や、たぶん作るであろうと目されているハルヒ2期を、うまく構成するための伏線だなぁと言う感じがだんだんしてきた。

んで、監督交代の件も前監督が、その意図にそぐわなかったからかなぁと今では考えている。
と、いうのもらき☆すたの第1話から第4話までと、第5話と第6話の構成を見てみると、前監督の構成では、2クール息切れして持たないのではないかなと思うのだ。
5話と6話のように、一つのジャンルに関して深くネタを掘り下げていく感じだったら、2クール持ちそうな感じがする。
5話は「ネトゲ」を中心にネタが展開するし、6話は「昔のテレビ」を中心にネタが展開する。(第6話は、前監督の色が濃いのだけれど。。。)1話から4話の構成だと、このように主軸になっているテーマが見あたらないので、あっちこっちからネタを拾ってきては、展開される様に見える。
見ている方は、1話から4話のようなランダムっぽい展開でも、さて次はなにがくるのかなぁと、見ていて最初の方は楽しいと思うのだが後になるにつれて、飽きてくる感じもしなくもない。それに、DVDで2回目3回目見ると考えたときも、テーマによる掘り下げが少ないと、何回もあまり見たいと思わないんじゃないかなぁとも思う。

実際、私自身らき☆すたのDVDが出たならば、(撮り貯めているレコーダは無いと仮定して)第5話で言っているこなたのネトゲのマニアックな、会話をもう一度聞きたいし、今回の頭文字Dのシーンや、ティモテのシーンも、もう一度みたいなぁと思っている。
(1話から4話でも、ハルヒネタの所はもう一度みたい感じはするが。)

こんな感じのことを、ここ数日ぼーっと考えていて京アニが2クールの制作に慣れれば、CLANNADやハルヒ2期がかなり良いものになりそうだなぁという予感もしている。それに、CLANNAD は原作をやっていないのでどうか分からないが、ハルヒ2期は、もし制作されるなら、たぶん2クールだろうなぁという予想も立ててみた。

さてさて、どうなることだろう。

CLANNADやハルヒ2期は今からかなり楽しみだ。
らき☆すたも、監督は交代してしまったが構成的には主軸となるものがあって、この2話は面白かったので、かなり安心している感じだ。
たしかに、AIRやKanonハルヒネタ全開も面白いのだけれど。(^^;

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

 


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:57:53 JST (3560d)