Top > まなびストレート! > 第02話「まっすぐでゴー」

放送日

2007年01月21日(テレビ東京)

あらすじ

いつも元気だけが取り柄の学美が聖桜学園の生徒会長に就任してから1週間が経った頃、聖桜学園の姉妹校である愛光学院の生徒会長が学美に会いに来ることになった。しかし、相変わらず聖桜の生徒会室はゴミの山。とてもお客様を迎え入れるような状態ではなかった。そこで、学美と光香は生徒会室の大掃除を行うことにする。そもそも物が多すぎる生徒会室。しかも掃除の要領を得ない二人。一向に片付く気配を見せぬまま、時間ばかりが過ぎてゆく。夕方、部活を終えたむつきが学美達を心配し生徒会室にやってきた。そこで、むつきも手伝うことになるが要領を得ない物が二人から三人になっただけだった。そんなところへ、芽生が生徒会室の前にやってくる。芽生は屋上に涼みに来ただけと言うが、本当は学美のことが気になって仕方がなかったのだ。そんな素直になれない芽生をむつきが生徒会室の中に引き入れる。手伝うことになった芽生のアドバイスのもと翌日から作業を開始することになったのだった。

翌日、芽生の監督で何とか片付いた生徒会室だったが、ゴミの中からまだ使えそうな物が沢山出てきたために、学園の路上で急遽無駄なものバザーを開く事にした。はじめは、誰もいないバザーだったが学美の呼びかけにより大勢の生徒が集まってくる。結局バザーは大盛況のうちに終わったのだった。バザーが終わり生徒会室に戻った学美達は、バザーの売上金と学美達のクラス担任で顧問の下島先生からのカンパ金のおかげで少ないながらも予算を手に入れることが出来た。その予算をどう使おうかと皆で相談していると、学美から、どうせなら大きいことリフォームをやろうと提案がある。その提案に賛同した皆は早速下島先生の運転する軽トラックで材料を買いに出かけるのだった。

学校へ戻った学美達だったが、リフォームするには人手が足りなかった。そこで、むつきが演劇部の大道具係に生徒会室の内装を変える手伝いを頼みに行くが、生徒が少なくなり予算も削られている部活にそんな余裕はないと断られる。校内放送が始まったのはそんな時だった。桃葉が生徒会室のリフォームの様子をレポートする。全校生徒が見守る中、生徒会長である学美がリフォームのコンセプトを語り始めた。学美の考えていたコンセプトは、たまり場を作ること。みんなが集まって楽しくするカフェを、作りたかったこと、この学園の生徒が集まって、学校のことを話す場所を作りたかったと語る。そんな放送が終わると、沢山の生徒が生徒会室を訪れた。演劇部の大道具係も手伝わせて欲しいと申し出てき4た。学美とそこにいる生徒達は「まっすぐゴー」とやる気を出す。そして、多くの生徒の協力のもと、生徒会室のリフォームが完成したのだった。

感想

OPも岡崎律子さんか

前回のまなびストレートの感想でEDについて書いたけど、オープニングも、岡崎律子さん作詞作曲でカバーしているのが林原めぐみさん。
なかなか、俺のハートを鷲づかみにしてくれるわけで。
この作品も、岡崎さんの歌のような、ほのぼのした見ていて疲れない作品になって欲しいなぁと思いながら見ていた。
出だしの、学美の生徒会長スタイルもなかなか。多少眼鏡属性ある俺。

かみちゅ

まなび達がスプレーで落書きしているOPは、まるで「かみちゅ」のよう。かみちゅも、このように、主人公、一橋ゆりえが住んでいる尾道の街の中に、スタッフロールが書かれていたものだった。

「かみちゅ」もストーリーの大筋の流れは平凡なラブコメの流れなのだけど、その平凡なラブコメの中にも温かみがある作品だと思うし、毎回のシナリオも、変わっていてとても良いものだった。
特に面白いのは舞台設定と、題材に八百万の神様を選んだ辺りだろうか。
私としては、DVD版で追加された話が、かなりクオリティーも高くて好きなのだが興味がある方は是非良い作品なので見て欲しいなぁ
まなびストレートが、今のところ見れるまたは、面白いと感じてる方は「かみちゅ」もぜひお勧めですよ。

かみちゅ公式
http://www.sonymusic.co.jp/Animation/kamichu/

まぁ、「かみちゅ」も見ている方のほうが多いと思うけど。。(笑)
かみちゅにも野中藍さんでてるしね。
新作アニメの感想ばかり書いているので、なかなか旧作で面白い作品の話題を上げづらい。

眼鏡属性

段落切るつもりもなく、さらりと書いてしまおうとか、思っていたのだが、何となく切ってしまった眼鏡属性。
まだ、まなびストレート開始3分でレコーダの一時停止ボタンを押してこんなに書いてしまってるけどいいのか俺。まぁいいや。
書きたいように書いてみよう。

ということで眼鏡属性というと、ハルヒの長門が真っ先に出てくる俺なのだが、私の場合、決して「眼鏡をかけている」キャラに萌えているわけではない。だから、世間一般で言うところの眼鏡属性は無いのかもしれない。

はい。ここ重要!

普段、眼鏡をかけていないキャラが眼鏡をかける事」に萌えるわけだ。

または、その逆もしかりで、

普段眼鏡をかけているキャラが、眼鏡を外す事」に萌えるわけだ。

私の場合は、間接的な眼鏡属性な訳である。
こんな力説してていいのか俺とも思っているが、まぁいい。
なので、ハルヒの長門はだから良いわけ。まぁ長門の場合は、別にストーリーが絡んだ理由もあるのだが。
んで、結局のところ一言で言うならば、生徒会長モードの学美に萌えた。そういうことだ。

登校

ということで、やっと、今日の話へ。
芽生のデレっぷりがなかなか良い感じ、登校中のバスの中でもまなびの写真見ているし、まなびに挨拶されての内心デレ。これもなかなかいいし。
決まらない微妙に違う光香のまっすぐでゴーも うぐぅ である。

学美、うぐぅってはっきり言っちゃえよ、うぐぅって。

生徒会室の掃除

大掃除って、いろんなモノが出てきてついついそれに夢中になる。
マンガとか出てきて読んでしまったり、んで、どんどん時間が過ぎていく。
部屋は片付かないまま、興味をそそられるものは沢山出てくる。
今回の話もその例外ではないらしい。
分け分からん人体模型のヒロシとか出てきたり、あぁ、これはヤマトナデシコネタ。
光香と学美のおいしいシーンなんかもさらりと描かれていて良い感じ。
結局、手伝いに来た芽生。芽生のおかげで何とかなるが、学美のおかげですこしずつ心を開いていく芽生。
芽生のエピソードがあって、その後学美達と仲良くなるという流れではなく、きっと芽生はいつの間にか、学美達の仲間になっているという感じを演出したいのだろうなと思う。現に昔の友達ってそういうもんだ。
意識しなくても、いつの間にか一緒にいることが多くなっていつの間にか友達になっている。
そして、そんな友達とは付き合いが長くなったりもするものだ。

これって、SOS団?

掃除で出たいらないものを、バザーで売って資金を集めて生徒会室をカフェにする。なかなか良いアイディア。まぁちょっと無理あるけど、シナリオとしてはかなり面白い。

聖桜を 大いに盛り上げる 雨宮学美の団
って感じだな。芽生がやっても良いけど。
しかも、教室の中での芽生の席はハルヒと同じ場所。窓際の一番後ろである。その前が学美の席。平野綾は、あの席が好きだなぁと思う。

そして、校内放送使って、動画配信できるんだぁさすが30年後。

全体的に

生徒会室をみんなの集まるたまり場にしたい。
そのために生徒一人一人が出来ることを、少しずつやる。一人一人、みんなが楽しむために協力する。何気ないことだが、とても大切なことではないかと思う。それに、自分達の学校を自分達で作るという思いを込めた作品のコンセプトもかなり良いのではないかと思う。

こーゆー学園モノ悪くない。というかむしろ良いな。
物語としては、かなり良い出来ではないだろうか。
最近、こんなかんじのほっとするような、心温まるストーリーというのが、なかなかなかったのだが今期に来て、このまなびストレートは期待大だ。
まだ第3話までは様子を見るつもりでいるが、第2話も良い出来だったのではないかと思う。

第3話は姉妹校の生徒会長が学美と会うみたいだが、どうなるのか楽しみだ。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:57:46 JST (3559d)