Top > ひとひら > 第10話「ずっと・・・一緒・・・」

放送日

2007年06月07日(tvk)

あらすじ

文化祭も終わり季節はクリスマスも近づいた冬。演劇研究会は解散し、何もない普通の日々を過ごす麦だった。そんなか、ちとせの提案でクリスマス会を開くこととなる。そのクリスマス会で、親友の佳代が写真家になるため留学するという事を聞かされた麦は、ひどく落ち込むのだった。
佳代は麦の演劇を見て留学を決意したという。先輩の野乃の卒業も間近に迫っていたため、みんな自分から離れていってしまうと麦は考えるのだった

感想

オチが何となく分かってきた。

「春の女神」の伏線をすっかり忘れていた。そういえばそうだと、番組冒頭をみて思い出したわけだ。
そうかぁ。演劇対決には負けてしまったけれど、「春の女神」を麦にやってもらうために、野乃と演劇部の部長が。。。というようなストーリーの流れになるのかなぁと予想。

そう。けっこう。私がコミケに出ると言うことで、頭の中が「リリカルなのは」一色だったのです。
で、なんだか身が入らない感想になっていたのだけれど。
来期は、もう少しストーリー構成に着目できるようなアニメを選んで感想書きたいなぁと思っています。
ちょっと今期はネタアニメの感想に走りすぎました。

なのはの方はというと、やっとプロットに目処が立ってきた感じ。
だいたいのストーリー構成はきまりました。

よし、明後日からの新番組の感想頑張ります!

クリスマスパーティー

とりあえず、みんなそろいそうな気配。

蔦子さん

写真を撮っている女子高生をみると、武嶋蔦子さんを思い出す私。
マリみての新刊がねぇ。蔦子さんの話なわけで。
私はてっきり、あの続きかと思っていたんだけど。。。やられたよ。

佳代

うーん。いなくなっちゃいそうなかんじ。冒頭のフラグはそれなのかな。
といってもちょっと急な展開だとは思うけど。

初詣

今週のらき☆すた第12話の話を引きずっている私。
巫女さんええなぁ。
大凶出してるし。木に結ぶと結んだ木が折れるんでしょ。。
で、人生こなた

全体的に

ううーん。。。^^;
卒業する先輩と、留学してしまう親友。
みんな自分のところから離れていってしまう気がしている麦。

今回はこんな感じの事を表現したいんだと思うんだけど。
全体的に良くて言いたいことも分かる。しかしなにか一歩足りない感じがする。なんだろう。。。

と、「ひとひら」は、ホントに惜しい。今一歩踏み込めないというか、焦点がちょっとぼやけている感じがして、感動する部分で感動できないというのかなぁ。。間が悪いというのか。。なんだろう。この上手く言えない感じは
演出が悪いのかなぁ。。

何とも言えないあたりなのだけど、ホントに惜しい感じがする。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:57:44 JST (3498d)