Top > はぴねす! > 第10話「過去」

放送日

2006年12月07日(tvk)

あらすじ

強力な魔法の力を浴びて、病院に運び込まれたすももは、体から魂が抜け出てしまう危険な状態だったが、出張から駆けつけた春姫の魔法の先生である鈴莉によってなんとか状態を安定させる。そこで鈴莉は春姫達に雄真の過去と式守家について話し始めた。昔、春姫をいじめっこから助けた雄真だったが、春姫と別れた後、魔法を暴走させてしまっていたのだった。それ以来雄真は魔法使わなくなり、雄真の本当の母である鈴莉とは別居することにしたのだという。一方、学園の結界にある式守家の秘宝は、鬼を封印しているものだったが使い方によっては、死者を蘇らせる事も出来るという。しかし、これも昔、沙耶の母親を生き返らせようとした上条の父親によって暴走してしまい、それを止めようとした伊吹の姉である那津音が命を落としてしまったのだった。

感想

なんだか、1話に詰め込みすぎてる感じがする。
雄真の過去と、式守家の秘宝の設定と、それにまつわる過去話が一気に来た。なんだか、まとまりのない回となってしまった。
1話でこれだけ、色々なことが出てくると、全部とってつけたような感じになって、面白くない。。

たぶん、一番の原因は、伊吹の設定の不自然さにあると思われる。
伊吹にもっと早い段階で、誰かが姉のことを話さなかったのだろうか?
そこが、ものすごく不自然だ。しかも、その辺りに説明がない。

とりあえず、伊吹を暴走させて、ストーリーを進める役にしたかったのは分かったが過去との繋がりと姉を亡くすということから、暴走には繋がらないと思うのだ。
どうも不自然。。シナリオが崩壊気味だ。。

そして今回の話で、那津音と上条の父、そして鈴莉の3人新キャラを出してしまったことも、あまり良くなかったと思う。
那津音は、たしかに前回と前々回あたりで伊吹の思い出の中では出てきていたが、これでは弱い。
上条の父が式守家の秘宝を暴走させてしまったことについても、暴走するリスクを全く考えてなかったようにみえる。
それを止めるため那津音は命をなげうってるのである。簡単に命をなげうつ那津音も、捨てキャラ感が漂っているし、そこまでする理由が見いだせない。
結果的に、上条家は式守家を守という設定が、とってつけたように見えてしまうのだ。

鈴莉も、学校の先生として過去登場するものの、まさか雄真の母親だったなんて、、シナリオ的には驚きの新事実ということを演出したいのだろうけど、見ている方からすれば、ちょい役の先生が、いきなり前ぶれもなく主人公の実の母親に格上げだ。これでは、トンデモ展開に見える。

ということで、後からとってつけたような展開が目白押しだった今回だったが。。ここまで10話もあったのだから、早い段階でもう少し何とかなったのではないかと思う。。。。
少なくても、伊吹の暴走に絡むエピソードは再考の余地ありだし、雄真の実の母親についてのエピソードは、全体の構成として織り込む必要があると思う。少なくてもどこかで伏線らしいものを出しておかないといけない。

沙耶の登場や、杏璃のバイトの話、お花見の回、それからタマちゃんの回など、それぞれのヒロインの萌要素をだしつつ、上手く削って、この二つのエピソードを、これらの話に上手く織り込めれば、もうすこし面白いものになったと思う。残念で仕方がない。

あと、私としては準にゃんが大活躍するエピソードがほしい。
これだけだ。
準にゃんとお風呂はいればよかったのに。。。。。
以上オチたところで。今回の感想終わり。





Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Nov 2008 10:57:41 HAST (4112d)