Top > くじびきアンバランス > 第11話「くらいところでつまずく。0点」

くじびきアンバランス

第11話「くらいところでつまずく。0点」

放送日

2006年12月16日(tvk)

あらすじ

小雪が誘拐された事件について独断で次期生徒会が動き、学園を危険に晒したとして次期生徒会は一週間の停学処分が下された。この生徒会長の決断に処罰が甘すぎると香澄は不満の色をのぞかせる。家に戻った香澄は一人能舞台に上がると鼓を打ちはじめ、この1年間の律子の事を思いおこす。そこで、何かを思いついた香澄は、次の日千尋を学校に呼び出すと、生徒会室で千尋を気絶させ、連れ去ってしまったのだった。千尋は目が覚めると如月家にいた。そこで、香澄から千尋のせいで律子や次期生徒会に迷惑をかけるから会長就任を辞退しろと迫られた。そんなところに如月家へ律子が助けにやって来る。家まで律子に送ってもらうと千尋は、家の前で時乃に声をかけられるが、香澄に言われたことから時乃にも冷たく当たってしまうのだった。停学明けの登校日、ギクシャクしたムードの千尋と時乃は小雪と蓮子から不審に思われる。二人の仲を元に戻そうと蓮子が働きかけるなか、千尋は生徒会長を辞退すると時乃等に語ったのだった。

感想

最終回一つ前の話。今回は最後盛り上がるうえで、シナリオ上大きく動く。
よく、この辺の話で、世界が終わってしまう。といったような
終末思想的なアニメがあるが、あれよりは全然マシだ。

たしかに、今回も「世界の終末」を「次期生徒会の解散」に置き換えただけで、根本とするところは同じなのだけれど。
世界の終末がきて、なんだか知らないパワーだかが降りてくる物語よりも、人間味がある。

自分のせいで、時乃や律子を危険に晒してしまったことで悩む千尋。
自分のせいで、蓮子や時乃を停学にしてしまったことで悩む千尋。
そして、律子と時乃の狭間で悩む千尋。

律子とは、良い雰囲気だったし、しかも、時乃には告白されている。
この三角関係が、次回予告で言っているようにビターだ。
そして、今回の話はサブタイトル通り、「暗いところでつまづく」のだ。
つまづくだけだ。この辺が、何となくではあるが未来を指しているような感じがして良いと思う。

時乃も、千尋とは幼なじみという関係から、なんとなく千尋が今回、生徒会長を辞退するということが分かっていたのではないかなぁと思うのだ。
というのも、第1話で時乃が自動販売機で当たったイチゴミルクを、当たりが出るまで買ってきていた。この辺の描写から何となく推測するとなのだが。。。たしかに、千尋がはっきりと辞退するというまでは、何となくと言うところだったのかもしれない。しかしこのシーンの他にも随所にちりばめられた時乃の行動が、なんとなく時乃には千尋が辞めると言い出すことが分かっていたのではないかなぁと思うのだ。
そう考えると、今回の演出もかなりすごいと言える。

実は現段階で第12話も見てしまっている。
だから、今回あった香澄の回想の中に律子がなにか、ぶつぶつ言っているシーンが有ったと思う。あのシーンで何を言っているか分かってしまったのだが、見返してみると、また最終回の思うところも一入といった感じだ。
良くできている。

くじアンは、全体的に見ると、かなり良くできた物語だ。
第12話まで、見終わったらもう一度第1話から通して見る価値はあると思う。すると、時乃と律子の関係でいままでは見落としていた、演出なんかを再発見出来そうな感じがする。そういった楽しみ方ができるアニメというのは、なかなか少ないのではないかなと思われる。

最後に、千尋の姉ちゃんの裸エプロンに注目。
keep out なしでエロス。www
いつもならば、山田こと後藤邑子さんがおいしいところを持っていくのだが今回は、千尋の姉ちゃん。
まぁ、山田も毎回、おいしいと言えばおいしいのだけれど。(笑)
今回は、第3話からあまり出てこない千尋の姉ちゃんだろう。

千尋の姉ちゃんは、千尋を元気づけるために 裸エプロンまでやっていた。
しかし華麗にスルーする千尋がまた。面白い。姉ちゃんのがんばりは、いつも空回り。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:57:30 JST (3559d)