Top > くじびきアンバランス > 第01話「みんな、がっこうでおどろく。7点」

放送日

2006年10月07日(tvk)

あらすじ

立橋院学園は、生徒会をすべてくじ引きで決めるという制度を持った学校だった。その生徒会の権力たるや、政財界にまでおよび国家権力以上のものだった。中学部の入学式の日、くじ運の悪い主人公、榎本千尋と、妙にくじ運の良い幼なじみの秋山時乃は、次期生徒会の生徒会長と副会長のくじをひいてしまった。そんな時に、現生徒会からの命令が千尋達に下された。それは、次期生徒会役員候補全員が、24時間以内に生徒会室へ来ることだった。千尋と時乃、書記候補の上石神井蓮子はそろったのだが、会計候補が見つからなかった。千尋達は会計候補をなんとか探すと、小学部の朝霧小雪という女の子だった。次期生徒会候補が全員そろい生徒会室を訪ねると、そこには千尋と時乃の幼なじみ、律子・キューベル・ケッテンクラートが現生徒会長に君臨していた。

感想

なかなか面白い第1話となった。くじ引きで生徒会を決めるというのも凄い設定だと思う。ストーリー的には、設定が少しずつ出ているので、これからといった感じだ。まだ何とも言えない。ただ、第1話としては流れも良かったし、設定とかも考えてみると、結構面白い作品になるのかなぁという期待はある。

現生徒会から、試練が毎回与えられてそれを解決していくようなストーリー構成になると思うのだが、たぶん、めちゃくちゃな依頼なんだろうなぁというのは、今回の話を見て何となく想像できる。それと、蓮子と薫子のドタバタぶりが、なかなか見ていて良いかとも思う。
小雪が、一人小学生ということで役所がいまいち見えないが、次回ぐらいにでてくるのかなぁと思われる。そして、律子との過去遊んだ日々、生徒会長にいながら、千尋達とどう、接していくのかがこれからの見所なのかなと思う。

んで、声優ネタ。この作品、好きな声優さんが結構そろってる。
野中藍が、秋山時乃役を演じており、野中藍と言えば、一条祭り。
かみちゅの三枝みこ役など、かなり好きな声の声優さんだ。

さらに、上石神井蓮子の合方、山田薫子役に、後藤邑子だ。
後藤邑子といえば、ふたご姫のレインや、涼宮ハルヒの憂鬱の朝比奈みくる役などもやっている。薫子はかなり蓮子とならんで良い感じのドタバタ具合を見せているので、かなりはまり役かなぁと思うのだ。



リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 22 Nov 2008 05:57:28 JST (3559d)